競売物件の基礎知識

競売物件の情報収集のしかたや入札方法などについて解説しています。


競売物件の情報収集




競売物件を購入したい場合の情報収集ですが、物件の所在地を管轄している裁判所で公開されています。ただし所在地や面積、価格などの概要については新聞や情報誌、インターネットでも掲載されているので絞り込みを行う際に活用するのもおすすめです。ただし物件の詳細情報については、裁判所にある閲覧室から資料を集める必要があります。閲覧室に行かなくても、最高裁判所の運営するBITという競売に特化したサイトからも収集は可能です。

閲覧室やBITでチェックできるのは、裁判所の世界では「3点セット」と呼ばれるものです。具体的には物件明細書と現況調査報告書、評価書の3つのことです。物件明細書は、文字通り競売物件に関する詳細な情報についてまとめられた資料です。所在地や面積、売却基準価額、売却にあたっての条件などが書かれています。

現況調査報告書は、競売物件の現状に関して記された文書です。もし現在も暮らしている人がいれば、どのような方なのかについても言及されています。

最後の評価書は、売却価額の根拠について示された資料です。そのほかにも建物の場合、築年数や状態などについても掲載されています。入札するかどうかの判断をするにあたっての重要な書類ですから、目を通しておきましょう。


≪お役立ち情報リンク≫
競売物件は原則として内見ができないため、購入後に欠陥が発覚するという可能性もあるようです。それを不安に感じる場合は、優良住宅として名高い住宅メーカーで物件を探した方が安心できるでしょう ⇒ 優良住宅

Copyright © 競売物件の基礎知識, All rights reserved.